トップページ > 長崎県病院企業団 > 企業長挨拶

 長崎県病院企業団は、病院を経営する特別地方公共団体(一部事務組合)として平成21年4月1日に発足し、現在、構成団体は長崎県と6市1町で、8病院と3つの附属診療所を経営しています。病院の所在地は離島及び本土周辺部であり、人口減少に加え、医師・看護師等医療人材の不足や地域偏在など、厳しい経営環境におかれていますが、継続性ある医療の確保と医療レベルの維持という大きな責務を果たしています。

 当企業団がこれまで最も力を入れてきたのが離島の各地域における病院再編であり、住民の皆様のご理解と関係機関のご協力により、平成27年度をもってほぼ基本的な形ができあがっています。

 令和2年4月からは、離島病院の医療機能維持のために、当企業団が運営主体となって、「離島等医療連携ヘリ事業(RIMCAS)」を新たに展開しています。本土病院から離島病院へのヘリコプターによる医師搬送に加え、本土病院で治療を終えた患者さんを離島病院へ搬送する、いわゆる下り搬送も行うこととしています。移動時間短縮による医師の負担軽減や診療時間の確保、本土病院で治療を終えた患者さんに安心して地元の病院で引き続き治療を受けていただけるよう運営しています。

 本県では、特に離島を中心とした急激な人口減少に伴い患者数の減少が続いていますが、“縮小の時代を生き抜く知恵と勇気”をスローガンに、病院企業団全体で地域に必要な医療提供体制の維持に取り組んでいます。また、本土の医療機関を受診される患者さんのうち、地域内で治療可能な患者さんに地域内で受診していただくよう、“郷診郷創”(地域での受診が地域を創る)をスローガンに、病院企業団全体で地域に信頼される病院づくりに取り組んでいますので、皆様のご協力のほどよろしくお願いします。

令和2年4月1日               
長崎県病院企業団企業長 米倉正大