トップページ > 長崎県病院企業団 > 医療事故の公表について > 上対馬病院

[令和2年度 各レベル毎の代表的な事例]

上対馬病院


レベル 件数 うち個別
公表件数
事   例
レベル0 4 -  迅速検査での判定入力の際、誤って入力してしまっていた。医師からの連絡でミスが発覚した。
レベル1 19 -  看護師が障がい者トイレ使用中の患者の付添を行っていたが、他の業務でその場を離れ、しばらく放置されたままになっていた。
レベル2 18 -  精神科の内服薬(睡眠安定剤)を3日間、倍の量で投与した。
レベル3a 1 -  ADL全介助で透析施行中の患者。透析終了後、車椅子に移乗した際、左下腿に出血があり、5cmの皮膚剥離があった。医師に連絡、処置を行い、経過観察をおこなった。
レベル3b 0 -
レベル4 0 -
レベル5 0 -

<< 医療事故の公表についてへ戻る