トップページ > 長崎県病院企業団 > 医療事故の公表について > 精神医療センター

[令和2年度 各レベル毎の代表的な事例]

精神医療センター


レベル 件数 うち個別
公表件数
事   例
レベル0 95 -  配薬車に患者の薬が間違えてセットしてあることを発見。与薬前に発見したため、処方通り患者に与薬が行えた。
レベル1 181 -  転院する患者さんに他患者の診察カードを渡した。個人情報保護の適正な取扱いを厳格に実施する。
レベル2 10 -  入院患者が離院。家族の依頼を受け、警察に捜索願いを提出。その後大村市内で当該患者を発見し、保護され家族同伴で帰院した。
レベル3a 4 -  誤嚥し窒息状態となる。吸引、酸素投与等行い救急車要請し総合病院へ救急搬送を行った。
レベル3b 1 -  患者が病室内で転倒し、右大腿部打撲。経過観察を行っていたが、右大腿部痛持続するため、レントゲン撮影実施。結果、骨折疑いで総合病院を受診し、右大腿部頸部骨折で手術の為入院となった。
レベル4 0 -  
レベル5 0 -  

<< 医療事故の公表についてへ戻る