トップページ > 長崎県病院企業団 > 医療事故の公表について > 富江病院

[令和2年度 各レベル毎の代表的な事例]

富江病院


レベル 件数 うち個別
公表件数
事   例
レベル0 26 -  救急搬送した患者の荷物整理で、他の患者の洋服ケースを持っていっていたことに気づいた。
レベル1 46 -  同室者より床に座っていると報告あり。訪室すると床に座り込んでいる。PWCに座ろうとして滑った様子。特に外傷は見られなかった。
レベル2 14 -  内服自己管理の患者が1週間服用していなかった。バイタルサインには異常はなかった。
レベル3a 10 -  センサーマットを設置し行動観察中の患者のセンサーマットが鳴り、すぐに訪室したがベッドの下で転倒しているのを発見。左肘、左前腕、左下腿に表皮剥離あり、ステリテープにて処置施行した。
レベル3b 1 -  センサーマットを除去した当日に患者が廊下で転倒しているところを発見。左大腿部痛訴えあり。CTの結果、左大腿骨骨折にて他院へ転院となった。
レベル4 0 -
レベル5 0 -

<< 医療事故の公表についてへ戻る